物件種別について

「賃貸マンション」には、コンドミニアム、アパート、サービスアパートの3つの物件種別があります。

コンドミニアム

日本でいうところの分譲マンションのことです。
各部屋ごとにオーナー(=家主)が違うため、同じ建物内であっても部屋によって内装や契約条件が異なります。
築浅のコンドミニアムはモダンでスタイリッシュなものが多く、オーナーによっては大変センスの良いインテリアの部屋もあり、そのような部屋に巡り合えればラッキーです。ただ、コンドミニアムを選ぶ場合は、建物の外観や部屋の内装などのハード面だけではなく、管理面についてよく理解した上で、決める必要があります。
アパートやサービスアパートとは異なり、建物全体が賃貸専用に一元管理されているわけではないため、不具合発生時の管理事務所の対応がスムーズに進まなかったり、ケースによってはオーナーに直接対応を求めなくてはいけないこともあります。
またタイではオーナーが不動産会社に賃貸管理業務を委託するシステムが一般的ではないため、オーナーさんがどんな人なのかによって、入居中の不具合対応の良し悪しや、退去時のキズに対する査定や見積もりの仕方が大きく異なります。
以上のような観点からコンドミニアムは、海外での生活に慣れている人や、上記のようなことを特に問題としない人に向いていると言えるでしょう。
なお、コンドミニアムオーナーの大半は個人なので、煩雑な税務処理手続きが発生する法人契約を拒否するオーナーがほとんどです。

アパート

1人のオーナーによって建物全体が賃貸専用に経営管理されているマンションのことです。
賃貸専用に一元管理されているため、マンション内の管理事務所とのやりとりがスムーズで、不具合発生時の対応もコンドミニアムと比べるとスピーディーです。
付帯電化製品が故障してしまっても、物件側にストックがあればすぐに代替品を用意してもらえます。入居者に様々なサービスを提供している物件も多数です。

サービスアパート

「キッチンのある長期滞在型ホテル」です。
部屋には家具や電化製品以外に、寝具や調理器具・食器など、生活に必要なものを一通り揃えており、スーツケース一つで入居してそのまま生活を始めることが可能です。
また、最大の特徴は、ハウスキーピングサービスがついており、ホテルのようにベッドメイキング、シーツやタオルの交換、掃除、食器洗いなど行ってくれることです。
電気、水道、インターネットなどの公共料金を無料(家賃込み)としている物件も多数です。
日本的な感覚からするとコンドミニアムやアパートは管理がいい加減だと感じてしまうことが少なくないのが実情ですが、サービスアパートは管理面もホテルに準ずるレベルです。
フロントスタッフが24時間英語で対応してくれる点もコンドやアパートにはない大きなメリットです。ただし賃料(平米あたりの賃料)はその分他の二者よりも高めとなります。