「ここが違う!」バンコク賃貸物件の特徴

言葉や文化はもちろん、日本人の常識は通用しないのが海外です。

あまり耳にしない不動産に関する用語や、お部屋探し前に知っておきたいバンコク賃貸物件の特徴をご紹介します

① 間取り、広さ

タイにおける外国人用の賃貸物件の場合、40㎡~300㎡ぐらいの物件になります。ただ間取りや収納スペースが日本の物件のように機能的な造りではなく、リビングが異様に広かったり、「なぜこんなところに柱が?」といった物件も多くあります。物件探しの際には広さ以上に使いやすさを重視する必要があります。またご自身に合った適切な広さというのも大切です。広い物件になればなるほど快適でゆったりとしますが、常夏のバンコクではその分が冷房代に跳ね返ってくることになります。

② 施設が充実している

ンコクの外国人用賃貸物件は前提としてすべてが高級物件になります。フィットネスやプールが付いている物件がほとんどで、中にはコーヒーショップやミニマート、サウナやゴルフの練習場、子供の遊び場(キッズスペース)が併設されている物件もございます。プールの広さは物件によりまちまちで、小さいものから本格的に泳ぐことができるものまであり、コーチを呼んで水泳のプライベートレッスンを受けることもできます。ご家族で赴任の方は子供用のプールや中庭が広く遊具などがある物件が人気です

③ 家具・電化製品が完備

日本の物件は家具や電化製品をご自身で揃えることが一般的ですが、タイの物件においてはテレビ、ソファ、テーブルなどの家具やエアコン、冷蔵庫、電子レンジなどの家電は完備されている物件がほとんどです。物件選びの際は家具や電化製品が痛んでいないかなど状態の確認も大切です。

④ 何かと不具合が多い

バンコクの物件は日本の物件と比べると不具合が大変多いのが実状です。まず多いのが水周りの問題で天井からから水が漏れてきた、下の階のお部屋に水が漏れた、エアコンからの水漏れ、日本ではありえないような問題が多く発生します。また日本とは異なり一年の半分が雨期であるバンコクでは扉や窓の建て付けが悪いと雨漏りの問題もあります。ここで大事なのが物件側のスタッフの対応です。管理の良い物件であれば修理人が常駐しており、問題があってもすぐに対応をしてくれます。しかし管理の悪い物件は約束してもその時間に来ない、修理が雑で結局またすぐに壊れてしまうなど日本では考えられないようなことが起こる場合もあります。

⑤ 泥棒には油断禁物

セキュリティに関しては24時間警備員が常駐している物件がほとんどです。しかし警備員がいても24時間体制でなかったり、人数が少ない物件もありますので必ず良く確認しましょう。また入り口のドアのオートロックが故障しているなど管理の悪い物件もありますので要注意です。ただ実際に泥棒被害に遭われた方の多くは内部の犯行と思われる場合がほとんどです。外部からの侵入が難しいアパート、マンションではメイド、警備員、作業員による犯行が多く、日頃から貴重品は金庫(セーフティボックス)に入れるといったようにご自身でも注意していくことが大事です。タイは「微笑みの国」と呼ばれ、非常に親日国としても有名ですが、タイでの生活に慣れた頃に被害に遭うということが多く油断は禁物です。

⑦ トイレは水洗

日本と同じように水洗の洋式トイレになります。一昔前まではトイレットペーパーを流してはいけないというのが常識でしたが、最近ではトイレットペーパーを流しても問題ありません。自動ウォシュレット付きの物件も増えてきましたが、基本的にはタイ式のハンドシャワーが付いている物件が多くあります。 日本メーカーのウォシュレットもタイで販売されておりますが、電源を取る場所がトイレに設置できない物件も多いので注意が必要です。エコタイプ(電源を使わないタイプ)と呼ばれるウォシュレット付きの物件も増えてきています。

⑧ メイドさんのお部屋

ご家族用の大きなお部屋になるとメイド専用の部屋が付いている物件も多くあります。メイドさんを住み込みで雇う場合には便利です。

⑨ 害虫や鳥などの問題

熱帯のバンコクはアリやゴキブリなどの害虫が発生します。アリは外部から侵入して来るので、普段から甘いものをテーブルの上に置きっぱなしにしないなど、日頃から注意することが必要です。シロアリは暗く、湿度の多いところを好みます。木の屑のようなものを発見された際はシロアリが発生している可能性がありますので早急に対策が必要となります。そのほか羽アリやゴキブリ、鳩などの鳥類がベランダに巣を作ってしまうなど、多くの問題があります。定期的にペストコントロール(害虫駆除)を行っている管理の良い物件を選ぶのもポイントです。

ファシリティガイド

ファシリティとは物件に付いている家具や家電などのことを指します。 物件にもよりますが下記、一般的に完備されているファシリティについてご紹介します。

① テレビ

洗濯機もご家族向けの物件であればほぼ完備されています。タイの物件はバスルームではなく、水回りを集中させ、キッチンにある場合が一般的です。雨期のあるバンコクですので、乾燥機があるか、また乾燥機能が付いているかなど確認も重要です。

② 洗濯機

洗濯機もご家族向けの物件であればほぼ完備されています。タイの物件はバスルームではなく、水回りを集中させ、キッチンにある場合が一般的です。雨期のあるバンコクですので、乾燥機があるか、また乾燥機能が付いているかなど確認も重要です。

③ キッチン

大きさやシンクの深さなどまちまちですが、最近の物件ではカウンターキッチンを導入するところも増えています。オーブンやコーヒーメーカー、ジューサーやお皿、コップ、ナイフなどまで完備されている物件もあります。日本と違い都市ガスがないため、電気コンロやIHクッキングヒーターが一般的です。食器洗い機はメイドの人件費が安いためか、あまり普及していません。キッチンの大きさや装備、キッチンから食卓までの距離などご家庭に合わせてご確認いただくのが重要です。

④ 冷蔵庫

物件により大きさは異なりますが、ほぼ完備されています。ご家族でお住まいの場合は冷蔵庫の大きさにも注意が必要です。

⑤ 電子レンジ

電子レンジは完備されている物件がほとんどです。ない場合は購入することも可能でお値段は8000円程度で購入可能です。日本のように多機能なものはあまり見かけません。

⑥ エアコン

暑い国ですのでエアコンももちろん完備されています。物件によりビルドインタイプや日本のように外付けのタイプがあります。ビルドインのタイプは見た目はスマートですが一般的に外付けのものより電気代がかかります。古いエアコンはパワー不足だけでなく、大きな音がしたり水漏れの危険性もありますので、最新のものが付いているか、メンテナンス状況も確認が必要です。

⑦ 電話機、ファクシミリ

電話機はほとんど完備されています。国際電話のかけられるIDD電話と国内通話のみかけられるDDD電話の2種類があります。最近では国際電話も国内通話も携帯電話を利用することが一般的ですのであまり深刻な問題ではないかもしれません。ファクシミリが付いている物件は少数ですが、購入する場合は8000円程度となります。

⑧ 掃除機、アイロン、炊飯器

小さな家電は基本的に完備されていませんので購入するかたちになります。デパートなどで購入するのが一般的で日本でおなじみのメーカー製品も多数販売されています。ものにもよりますが金額は日本とほぼ同価です。

⑨ 家具、寝具

ソファ、ダイニングテーブル、イス、ベッド、クローゼットなどの家具はほとんど完備されています。 特にお気に入りの家具でなければ日本から輸送する必要ありませんが、ビジネスデスクや収納などライフスタイルに合った家具が揃っているか確認が必要です。またベッドは完備されていますが枕やシーツ、掛け布団などの寝具は一部のサービスアパートを除き、完備されていない場合がほとんどです。

⑩ 日本から電化製品を持ち込む場合

【DVD】
DVDにはリージョンコードという規格が国ごとにあり、タイと日本ではこの規格が異なるため、タイで日本のDVDは視聴することができません。DVDプレーヤーの機種によっては再生可能な場合もありますが、お持ちのDVDとリージョンコードの確認が必要です。

【テレビ】
タイと日本では映像方式が違うため(タイはPAL方式、日本はNTSC方式)日本のテレビをタイに持ち込まれても日本のテレビはもちろん、タイのテレビを視聴することもできません。

【変圧器】
タイで日本の電化製品を利用する場合は変圧器が必要となります。ノートパソコンや最近のゲーム機器ではすでにタイの電圧にも対応しているものもありますが、タイは電圧が安定していないので故障の原因にもなりやすく、ノートパソコンなどでも変圧器を使ったほうが無難です。
携帯電話、ゲーム機器など小型のものであれば小さな変圧器で済みますが、炊飯器やヘアドライヤーなどは大容量の変圧器が必要です。タイでほとんどの電化製品は揃いますので、お気に入りの電化製品以外はタイでご購入されることをお勧めします。
電話でのお問い合わせおまかせ物件探しはこちらをクリック! 営業時間のご案内

▲PAGE TOP