失敗しないお部屋探しガイド

お部屋探しの際に「失敗しないお部屋探しのポイント」をまとめました。

ご単身の場合

間取りについて
バンコクのご単身者の多くは1ベッドルーム(=1LDK)に住んでおります。バンコクの1ベッドルームの大きさは大体50平米前後となり、日本に比べると間取りが大きくゆったりしていますが、バスルームが異様に大きかったり、収納スペースがあまりなかったりと、日本のマンションに比べると機能的ではありません。天井の高さやバルコニーの大きさによっても感覚が変わりますので、大きさに惑わされず、実際に内見して決められるとよいでしょう。ご家族が良く遊びに来られる方などは2ベッドルームをご検討される方もいらっしゃいますが、お家賃も高くなりますので、ホテル代の安いバンコクでは、結果的にその都度、ホテルを利用した方が安く抑えられます。スタジオタイプ(=ワンルーム)でも間取りが良く、広々としたお部屋もありますので、ご予算やご条件次第でご検討されるのも良いでしょう。



物件種別について
バンコクにお住まいの単身の方は、サービスアパート、アパートもしくは、コンドミニアムにお住まいの方が多いです。アパートはご単身向けの間取りが少なく、ご夫婦、またはご家族の入居者が多いためご単身者の方は避けられる傾向にあります。
物件種別毎の特徴をまとめましたのでご確認ください。
コンドミニアム
【メリット】
アパートに比べ賃料が安い
駅近、高層の物件が多い
購入可

【デメリット】
不具合発生時に費用や時間が非常にかかる
修理の際は立ち会いが必要
領収書・請求書が出ない
アパート
【メリット】
水道光熱費やインターネットをコミコミにできる
不具合の修理が早く、基本的に費用もかからない
修理の際に立ち会いは不要

【デメリット】
コンドミニアムに比べ賃料が高い
駅近、高層の物件が少ない
単身向けのお部屋が少ない
サービスアパート
【メリット】
メイドサービスが家賃込み
リネン類、調理器具完備
レセプションがあり深夜でも対応してくれる

【デメリット】
家賃が高い
入居者に旅行者もいる
メイドが毎日入るので落ち着かない!?
立地について
一般的には、お買い物やお食事に便利な日本人居住区(アソーク〜エカマイ)にお住まいの方が多いです。郊外の工業団地へ通勤される方は、専用車でなく、相乗りの場合は場所が制限されますが、ほとんどが日本人居住区(アソーク〜エカマイ)に住んでいます。

シーロム/サトーン方面のオフィスへの通勤を重視する方や、日本人の方が少ないエリアに住みたい方は、日本人居住区から西のプルンチット/チッドロム/ラチャダムリ/シーロム/サトーンに住まれる傾向にあります。こちらのエリアは駅前に高級デパートあり、高級ホテルも多く、観光客の方が多いエリアでもあります。日本人居住区と比べ日本食店やスーパーが少なく、お食事やお買い物は多少不便になり、このエリアに住んでも、結局はほぼ毎日のように日本人居住区へ行かれている方も多いようです。

最近では、日本人居住区の東、プラカノンやオンヌットに住まれる方も増えてきました。少し前まではローカルなイメージが強いエリアでしたが、駅前を中心に開発が進んでおり日本食店も増えてきています。こちらのエリアは日本人居住区やプルンチット/チッドロム/ラチャダムリ/シーロム/サトーンに比べ、お家賃に割安感があります。

ライフアドバイザーより
コンドミニアムとそれ以外の違いを簡単に説明しますと、一棟管理されているのがアパート・サービスアパートとなり、ホテルの様な管理体制になります。一方でお部屋毎にオーナーが別々にいるのがコンドミニアムになり、物件管理事務所は基本的に共用部の管理の為に存在しお部屋の不具合は管轄外になります。そのためアパート・サービスアパートとは、管理体制が大きく異なりますので、不具合の心配や不具合発生時の対応に関してストレスを抱えたく無い方はアパート・サービスアパートを強くおすすめいたします。ただし、コンドミニアムの方がお家賃に割安なため、ご予算によってはコンドミニアムをご検討された方がグレードの高い物件に住むことができます。サービスアパートはシーツなどのリネン類や調理器具が完備されていますので購入の必要がなく、メイドやインターネットも賃料に含まれているため結果的にトータルコストで割安な場合もあります。タイの物件は日本とは比べものにならないくらいトラブルが多いため、ご予算に問題なければ、問題発生時の対応も良いアパート・サービスアパートがおすすめです。最初はアパート・サービスアパートに絞って物件を探し、立地や価格など気に入った物件がなければコンドミニアムも選択肢に入れて探すと言った方法が失敗しないお部屋探しのポイントです。

ご夫婦の場合

間取りについて
バンコクに住むご夫婦の多くは1ベッドルーム(=1LDK)または2ベッドルーム(=2LDK)に住んでおります。バンコクの1ベッドルームの大きさは大体50平米前後、2ベッドルームの大きさは大体100平米前後となります。2ベッドルームの方が大きくゆったりしていますが、2ベッドルームの場合、2バスルームが基本となり、無駄なスペースが多くなりますので、平米数ほどのゆとりは感じられず、賃料も当然1ベッドルームより高くなります。また、ご家族や友人が良く遊びに来られると言う理由で2ベッドルームをご検討される方もいらっしゃいますが、お家賃も高くなりますので、ホテル代の安いバンコクでは、結果的にその都度、ホテルを利用した方が安く抑えられます。ご予算や条件(「ご夫婦別々の寝室でお休みになるか」、「お荷物の量」など)次第で、広めの1ベッドルームと、2ベッドルームを比較してご検討されると良いでしょう。



物件種別について
バンコクにお住まいの夫婦の方は、サービスアパート、アパートもしくは、コンドミニアムにお住まいの方が多いです。サービスアパートは広めのお部屋が少なく、キッチンも小さな物件が多いため、ご夫婦でご入居される場合は避けられる傾向にあります。物件種別ごとの特徴をまとめましたのでご確認ください。
コンドミニアム
【メリット】
アパートに比べ賃料が安い
駅近、高層の物件が多い
購入可

【デメリット】
不具合発生時に費用や時間が非常にかかる
修理の際は立ち会いが必要
領収書・請求書が出ない
アパート
【メリット】
水道光熱費やインターネットをコミコミにできる
不具合の修理が早く、基本的に費用もかからない
修理の際に立ち会いは不要

【デメリット】
コンドミニアムに比べ賃料が高い
駅近、高層の物件が少ない
単身向けのお部屋が少ない
サービスアパート
【メリット】
メイドサービスが家賃込み
リネン類、調理器具完備
レセプションがあり深夜でも対応してくれる

【デメリット】
家賃が高い
入居者に旅行者もいる
メイドが毎日入るので落ち着かない!?
立地について
一般的には、お買い物やお食事に便利な日本人居住区(アソーク〜エカマイ)にお住まいの方が多いです。郊外の工業団地へ通勤される方は、専用車でなく、相乗りの場合は場所が制限されますが、ほとんどが日本人居住区(アソーク〜エカマイ)に住んでいます。

シーロム/サトーン方面のオフィスへの通勤を重視する方や、日本人の方が少ないエリアに住みたい方は、日本人居住区から西のプルンチット/チッドロム/ラチャダムリ/シーロム/サトーンに住まれる傾向にあります。こちらのエリアは駅前に高級デパートあり、高級ホテルも多く、観光客の方が多いエリアでもあります。日本人居住区と比べ日本食店やスーパーが少なく、お食事やお買い物は多少不便になり、このエリアに住んでも、結局はほぼ毎日のように日本人居住区へ行かれている方も多いようです。

最近では、日本人居住区の東、プラカノンやオンヌットに住まれる方も増えてきました。少し前まではローカルなイメージが強いエリアでしたが、駅前を中心に開発が進んでおり日本食店も増えてきています。こちらのエリアは日本人居住区やプルンチット/チッドロム/ラチャダムリ/シーロム/サトーンに比べ、お家賃に割安感があります。

※雨期の洪水
スクンビット地区はもともと水路を埋め立ててつくられた場所も多く、冠水しやすいエリアもあります。雨期になると毎年恒例ですが、特にスクンビット・ソイ39周辺の道は非常に冠水しやすいと言えます。ただソイ39の周辺は利便性も良く、人気の物件が多いエリアでもありますので、あまりお部屋選びの際のマイナス点にはなっていなのかも知れません。冠水と言ってもお部屋はもちろん、ロビーまで浸水することもほぼありません。 またバンコク自体が冠水しやすいため、絶対に冠水しない場所と言うのもありません。

ライフアドバイザーより
コンドミニアムとそれ以外の違いを簡単に説明しますと、一棟管理されているのがアパート・サービスアパートとなり、ホテルの様な管理体制になります。一方でお部屋毎にオーナーが別々にいるのがコンドミニアムになり、物件管理事務所は基本的に共用部の管理の為に存在しお部屋の不具合は管轄外になります。そのためアパート・サービスアパートとは、管理体制が大きく異なりますので、不具合の心配や不具合発生時の対応に関してストレスを抱えたく無い方はアパート・サービスアパートを強くおすすめいたします。ただし、コンドミニアムの方がお家賃が割安なため、ご予算によってはコンドミニアムをご検討された方がグレードの高い物件に住むことができます。お車の無い奥様でも日中の移動は、サービスカー付きの物件であれば、最寄りのBTS駅や、スーパー、病院へ送迎してくれますので駅近にこだわらなくても問題ありません。タイの物件は日本とは比べものにならないくらいトラブルが多いため、ご予算に問題なければ、問題発生時の対応も良いアパート・サービスアパートがおすすめです。最初はサービスカー付きのアパート・サービスアパートに絞って物件を探し、立地や価格など気に入った物件がなければコンドミニアムも選択肢に入れて探すと言った方法が失敗しないお部屋探しのポイントです。

ご家族の場合

間取りについて
バンコクに住むお子様のいらっしゃるご家族の多くは2ベッドルーム(=2LDK)以上のお部屋に住んでおります。バンコクの2ベッドルームの大きさは大体100平米前後、3ベッドルームの大きさは大体200平米前後となり、中には300平米を超えるお部屋や、メイド部屋が付いているものもあります。基本的に寝室の数だけバスルームがあり、物件によってはメイド部屋があったりと無駄なスペースが多くなりますので、平米数ほどのゆとりは感じられないでしょう。ご予算や条件(「お子様の人数」、「お荷物の量」など)次第で、2ベッドルームと3ベッドルームを比較してご検討されると良いでしょう。日本と比べお子様が外で遊ぶ機会が少なくなり、部屋にいる時間が長くなりますので、リビングなどが広めのお部屋を選ばれることをおすすめいたします。



物件種別について
バンコクに住むお子様のいらっしゃるご家族の方はアパートにお住まいの方が多いです。アパートは子供の遊び場が大きい物件が多く、お子様のお友達も出来やすいため、ご家族にとって住環境が良いと言うのが主な理由です。サービスアパートの2ベッドルーム、3ベッドルームは賃料が高いためご予算に合う方が少なく、コンドミニアムは子供の遊び場が無いか、またはあっても小規模な物件がほとんどです。物件種別ごとの特徴をまとめましたのでご確認ください。
コンドミニアム
【メリット】
アパートに比べ賃料が安い
駅近、高層の物件が多い
購入可

【デメリット】
不具合発生時に費用や時間が非常にかかる
修理の際は立ち会いが必要
領収書・請求書が出ない
アパート
【メリット】
水道光熱費やインターネットをコミコミにできる
不具合の修理が早く、基本的に費用もかからない
修理の際に立ち会いは不要

【デメリット】
コンドミニアムに比べ賃料が高い
駅近、高層の物件が少ない
単身向けのお部屋が少ない
サービスアパート
【メリット】
メイドサービスが家賃込み
リネン類、調理器具完備
レセプションがあり深夜でも対応してくれる

【デメリット】
家賃が高い
入居者に旅行者もいる
メイドが毎日入るので落ち着かない!?
立地について
一般的には、お買い物やお食事に便利な日本人居住区(アソーク〜エカマイ)にお住まいの方がほとんどです。 日本語の幼稚園、学習塾、サッカースクールなどのバスルートもほとんどがアソーク〜エカマイのエリアに限定されます。 また、ご家族帯同の方が特に気にされる、日本語窓口のある”サミティベート病院”や、日系のスーパー”フジスーパー(1号店~4号店)”も日本人居住区(アソーク〜エカマイ)内にあります。

※学校の通学バス
日本語の幼稚園のバスルートは幼稚園によって異なりますが、基本的にアソーク(ソイ23)~エカマイ(ソイ63)になります。
日本人学校のバスルートは拡大されており、シーロム/サトーンやナナ/プラカノン/オンヌットなども範囲内です。一部の情報で「アソーク(ソイ23)~エカマイ(ソイ63)の北側のみ」と勘違いされている方もいらっしゃいますがこちらは誤りです。
インター校は学校や年齢によってバスの有無が異なり、スクールバスが無い幼稚園や学校もあります。最寄り駅から学校までの区間のみシャトルバスがあるところもございます。

※雨期の洪水
スクンビット地区はもともと水路を埋め立ててつくられた場所も多く、冠水しやすいエリアもあります。雨期になると毎年恒例ですが、特にスクンビット・ソイ39周辺の道は非常に冠水しやすいと言えます。ただソイ39の周辺は利便性も良く、人気の物件が多いエリアでもありますので、あまりお部屋選びの際のマイナス点にはなっていなのかも知れません。冠水と言ってもお部屋はもちろん、ロビーまで浸水することもほぼありません。 またバンコク自体が冠水しやすいため、絶対に冠水しない場所と言うのもありません。

ライフアドバイザーより
コンドミニアムとそれ以外の違いを簡単に説明しますと、一棟管理されているのがアパート・サービスアパートとなり、ホテルの様な管理体制になります。一方でお部屋毎にオーナーが別々にいるのがコンドミニアムになり、物件管理事務所は基本的に共用部の管理の為に存在しお部屋の不具合は管轄外になります。そのためアパート・サービスアパートとは、管理体制が大きく異なりますので、不具合の心配や不具合発生時の対応に関してストレスを抱えたく無い方はアパート・サービスアパートを強くおすすめいたします。ただし、コンドミニアムの方がお家賃が割安なため、ご予算によってはコンドミニアムをご検討された方がグレードの高い物件に住むことができます。お車の無い奥様でも日中の移動は、サービスカー付きの物件であれば、最寄りのBTS駅や、スーパー、病院へ送迎してくれますので駅近にこだわらなくても問題ありません。タイの物件は日本とは比べものにならないくらいトラブルが多いため、ご予算に問題なければ、問題発生時の対応も良いアパート・サービスアパートがおすすめです。最初はサービスカー付きのアパート・サービスアパートに絞って物件を探し、立地や価格など気に入った物件がなければコンドミニアムも選択肢に入れて探すと言った方法が失敗しないお部屋探しのポイントです。
電話でのお問い合わせおまかせ物件探しはこちらをクリック! 営業時間のご案内

▲PAGE TOP